ディーラーの下取り価格が安くなる3つの理由

ディーラーの下取り価格が安くなる3つの理由

 

車の乗り換えや用途の変化…様々な理由で愛車を売りに出すことは心苦しいものですよね。

 

ですが、せっかく高いお金を払って買った車、売るのであれば少しでも高く売りたいのが心情です。

 

ここでは、車買取専門業者の買取とディーラーの下取りを比べて、なぜ下取りが安くなるのか3つの理由をご紹介します。

 

 

 

理由@:買取後の目的の違い

 

ディーラーというのは、店舗によっては新古車や中古車を扱っていますが、主に新車販売とそのケアを売りにしている車屋さんです。

 

そのため、ディーラー独自の中古車基準をクリアして ”認定中古車”という称号を得られるような程度のいい中古車しか再販することはできません。

 

その称号が得られない買取車に関しては”業者間販売”という、いわゆる「卸値」でしか販売ができないのです。

 

お客様に向けて販売する「小売」とは違い、ディーラーの下取り者はほとんどがこの「卸値」での販売になります。

 

卸値は小売販売の価格よりは相場が低く設定されている関係上、ディーラー下取りは安くなります。

 

また、”下取り”という名目も安くなる原因の一つです。

 

”買取”は自社で販売する事を視野にいれた方法ですが、”下取り”は、「自社で別の車を購入する事前提」の方法です。

 

そのため、言い方を変えれば「買取割引」という名目になります。

 

買取専門業者は、どんな状態の車でも様々な方法を用いて利益を上げることができる手段を持っています。

 

むしろ、「お客様の為に高く買い取る」ことを商売としている業者になります。

 

そのため、ディーラーの下取り価格よりも買取業者専門の買取の方が高い値段がつくことになるのです。

 

 

 

理由A:業者が持つパイプの違い

 

前述の通り、買取専門業者は「どんな買取価格でも利益を上げる方法」を持っています。

 

その方法の1つが、業者間のパイプ(つながり)です。

 

例えば、買い取った車をそのまま別会社で販売したり、分解してパーツとして売ったりするだけの技術と技量があります。

 

ディーラー下取りでは、買い取った車の使用用途が規定として決まっており、横のつながりが狭いことがあります。

 

そのようなことから、換金する手段を持たないディーラーの下取り価格より、買取専門業者の買取価格の方が高くなります。

 

 

 

理由B:買取基準の差

 

理由@でも少し触れましたが、ディーラーの買取には一定の基準があります。

 

新車に近いような状態の車でないとまともな価格で下取りを行わない理由は、会社ごとに異なるその規定に起因します。

 

一方で、買取専門業者の買取基準は、無いと言っても良いような基準です。

 

どんな状態の車でも、あらゆる手段を用いて利益に変えることができる知識・パイプを持つ専門業者の強みはそこにあります。

 

例えば、走行10万km未満で事故歴が無い車は双方どちらも買取・下取りするとおもいます。

 

ですが走行10万km以上で事故歴有りの車は、ディーラーの下取りは不可だったり、価格が少しもつかないようなことがあります。

 

しかしそのような車でも、専門業者はしっかりと利益を上げることができる手段を持っているため、高い価格で買いとってくれます。

 

お客様のニーズに応えるための買取を専門とする業者の買取価格が高く設定されているのは、その自社が持つ基準の差にもあります。

 

 

 

まとめ

 

自分が気に入って買った愛車を買い取ってもらう際に、少しでも高く売りたいと思うのは当然の心情かと思います。

 

しかし、どれだけ付き合いのある会社であっても、愛車と同じメーカーのディーラーであっても、買取価格に不満が出てしまうと良いお付き合いができなくなるかもしれません。

 

そのことからも、自分がしっかりと納得できる値段で、少しでも高く売るために、「自分の車を売ること」については買取専門業者にお任せするのが良いかもしれませんね。